詐欺被害の相談例

詐欺被害の解決に向けての調査は当探偵社が得意とする業務の一つです。昨今続く出口の見えない不況の中で、人の心は荒み悪質な詐欺トラブルが多発しています。主な相談例を挙げましたので、参考にして下さい。

結婚・恋愛詐欺

・結婚を前提に交際していた相手から「借金がある」「親の手術代が必要だから」等の理由を言われて信用していたのでお金を貸してしまった。返金して欲しいと言っても、何かと理由をつけて返してくれず、連絡がとれなくなってしまった。

未公開株詐欺

・業者から上場間近で大儲けが出来ると言われ、未公開株を購入。業者からは株券の代わりに「預り証」を渡されたが、株券は手元に届かなかった。不審に思い発行会社に確認したら上場予定は全くないと言われた。
・業者から未公開株を買わないかと話を持ちかけられ買付代金を渡した。その後、何の連絡もないので業者に電話 をしてみるとつながらなくなっていた。

交際クラブ詐欺

・女性とデートするだけでお金がもらえるという交際クラブの広告を見つけ、数万円で会員登録した、何かと理由を付けられて保証金という名目でお金を登録したクラブに払ってしまった。女性を紹介されても、何も理由をつけて報酬を払ってくれないので保証金の返金請求をしたが応じてくれない。

パチンコ・パチスロ・競馬情報詐欺

・「PR要員募集」「指定するホールで指定台番号の台を打つだけで100%勝てる!」と書かれたパチンコ雑誌広告をみて申込みをする。申し込みの際に「保証金が必要」とのことだったので30万円を振り込む。その後、実際に指定ホールに出向いて、指定台を打とうとしても、すでに他のお客さんが着席していて打つことはできないのが続いたため、契約をした業者に問い合わせすると何かと理由をつけてきた。結局、業者が指定した台は一度も打てなかったため、保証金の返金請求をするが応じてくれない。
・新聞広告で「凄い競馬情報を提供できます」、「人生を変えてしまうほどの大金を手にできます」等と書かれた業者の広告を見て申し込みをし、会員登録費用として1万円を支払う。その後、実際に情報提供を受けるには情報料が必要である旨の説明を受け、「借金してもすぐに返せます」、「外れたら返金を保証します」等と説明を受けたため、約100万円を支払う。レース前日、業者から、「明日のレースは天候の都合で延期します」、「追って連絡します」と連絡がある。後日、「次回レースの予定が決まりました」、「配当が上がるので、あと100万円必要です」と言われ、既に100万円支払っていることから、引くことができず、指示通りに全額支払う。結局、レースは行われなかったため業者に返金請求をするが応じてくれない。

出会い系サイト詐欺

・出会い系サイトで知り合った自称女子大生と良くメールのやり取りをするようになった。相手女性は普段の悩み等を打ち明け、時折電話をするようになった。そんな折、相手女性が旅行中に財布などを盗まれ、困ったというメールを受け取った。女性に言われるままに、交通費や旅館代などを銀行口座に振り込んだが、その後、相手女性からのメールも電話もなく連絡がとれなくなってしまった。

架空請求詐欺

・突然「以前に登録されていたサイトの退会がすんでいない」「○日までに操作しないと料金が発生するので退会処理のために電話を下さい」と書かれたメールが届く。電話をすると「以前登録したアダルトサイトの料金が未納になっています。払わないと裁判にすることになります。」と言われため、怖くなってお金を払ってしまった。