探偵社・興信所の選び方

消費者保護を目的とし、探偵業の業務の適正化に関する法律が19年6月1日に施行されましたが、残念ながら業法施行前と施行後での苦情件数に大きな変化はありません。
人生を左右する大事な調査依頼お考えになっているご依頼者様にとって、どの探偵社を選び依頼するかは、とても重要なことです。探偵業者の観点から間違いのない探偵社の選び方を挙げましたので是非参考にして下さい。

①探偵業届出番号を表示している探偵・調査会社を選ぶ。

探偵業の業務の適正化に関する法律が19年6月1日に施行されました。この法律は、消費者の保護や人権擁護を目的とし、悪質な探偵業者から消費者を守るために『探偵業の業務の運営の適正を図る』ために制定された法律です。この法律の施行により、探偵業務を営む会社は所轄の警察署への届出が必要となりました。届出を出していない探偵業者は違法行為と見做され処罰の対象となります。

②「NPO法人東京都探偵業協会」に加盟している会社を選ぶ。

警視庁、消費者センターとの連携がしっかりと出来ているのが上記団体です。消費者保護に特に力を入れており、加盟員に対しての研修も積極的に行い、悪質な探偵業者は加盟員から排除されるため、良質な調査サービスを提供出来ている探偵業者が集まっています。

③インターネットの検索エンジン(yahoo、Google等)で会社名を入力検索し悪評がない会社を選ぶ。

近年、消費者の方はインターネットの掲示板等を利用し、気になる商品の評判や専門家の評価を参考にして購入するかどうかを判断されます。調査サービス業においても、悪質な探偵業者に依頼をしないために、インターネットを利用してその探偵業者の評判を調べてからご依頼、ご相談をされることをおすすめします。

④問合せをした段階で、ある程度の目安となる調査料金を提示してくれる会社を選ぶ。

相談内容や状況、情報量によって料金は変わりますので、お問合せをいただいた段階で正確な料金を提示しずらいというのが探偵業者側から見た実情です。しかし、ある程度の料金提示は可能です。料金提示はその会社の方針と信頼度を判断するための大きな目安となります。実際に、問合せの段階で目安となる料金提示をしない会社に依頼者とのトラブルが多いのも事実です。

⑤出来るだけ電話で問い合わせをし、対応の印象で選ぶ。

横柄な対応や調査をしつこく強要してくる会社は注意が必要です。後にトラブルに繋がる可能性が非常に高いからです。また、ある程度電話で大体の費用を答えてくれる会社をおすすめ致します。

ページトップへ戻る