遺産(相続財産)の主なものについて

身内の死亡による相続問題が発生した場合には、遺言書や遺族への書き置きがないか、金庫や机の引出し等を探してみることが先決です。そして、遺言書や書き置きの有無に関係なく、遺産(相続財産)を整理しておくことが大切です。一般的には、まとまった金額となるのは、不動産(家と土地)と銀行預金です。不動産の場合は、自分で所有している物件であれば権利証(登記済証)がありますので、持ち主の確認をする必要があります。銀行預金の場合は、残高を確認しておく必要があります。

遺産(相続財産)の主なもの

・不動産(家と土地)
・借地権/借家権
・銀行預金
・株
・債権(国債、公債、社債など)
・金融商品、投資ファンドへの預託金
・お金を貸している時の債権
・自動車
・書画、骨董品
・宝飾品、貴金属
・その他の家財道具類、衣類

ページトップへ戻る