債権回収会社(サービサー)とは

債権回収会社(サービサー)とは、債権の管理・回収業者のことで、1992年2月施行されたサービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)に基づき、法務大臣から営業許可を得ている民間の債権回収専門の会社です。
主な業務は、金融機関などから債権回収業務の委託を受けたり、その債権を譲り受けて管理回収を行うことです。その他にも、個別に法務大臣の許可を受けて事業再生業務など、債権回収に関わる様々な業務を行っています。債権回収会社(サービサー)を設立するためには、「資本金5億円以上」「取締役に弁護士1名以上」「暴力団との関与がない」の要件が必要です。要件が揃い申請すれば 法務大臣が審査して認可されます。

ページトップへ戻る