離婚原因 性格の不一致について

 Gavel and Law Books夫婦とは言え、人間同士です。性格的に合わないこともあります。愛情の冷却も起きます。だからと言って、愛情が冷めれば離婚出来るかというと、そうではありません。愛情が冷却して、回復の見込みがない場合には離婚原因になります。

 しかし、裁判所は簡単に離婚を認めません。認めない理由の一つとして、愛情が冷めたとか破綻したと思っているだけでは、完全な破綻ではない。もう一つは仮に破綻が間違いないとしても、破綻させた責任のある側の一方的な離婚請求は認めないという2つの理由からです。また、家出して愛人と暮らしている側からの離婚も認めません。この状況は既に破綻をしていると言えますが、これは、不離婚原因も有責側にあるという有責主義という考え方に基づいたことからと思われます。

ページトップへ戻る