遺産相続関連のトラブルについて

遺産相続は一人の問題ではありません。親、兄弟、親戚など親族間ならまだしも、血のつながらない内縁関係の人まで、 多くの人に影響を与えます。事前に遺言書を用意すれば、トラブルは必要最小限に押さえられる事も事実ですが、遺言書の有効性から争いに発展する事もあります。また、相続にはプラスの財産もあれば、マイナスの財産もあります。さらに相続税や生前贈与に関する贈与税などの税金も発生いたしますので、税金に関するトラブルも数多くあります。ここで紹介している事例は、ほんの一例にすぎません。相続はそれだけトラブルが起きやすいと事と認識をしましょう。

血縁関係に無い相続人が現れ大混乱? 

相続は民法で定められている法定相続人に遺産相続がされます事がほとんどです。法定相続人とは、非相続人の配偶者、子や孫、父母や祖父母の血族に権利があります。例えば、被相続人が過去に離婚して、再婚しているケースです。この場合、被相続人と前配偶者の間に子供がいる場合は、その子供は相続人になります。現配偶者やその子供にしてみれば、全く血縁関係の無い人も相続人として認められ、配分比率も低くなるため、もめる原因にはなります。 

相続人範囲は民法と被相続人の意思で決まる

民法によって、配偶者、子、父母、祖父母など直系の祖先、兄弟姉妹が相続人の範囲として定められています。しかし、家庭環境によっては非常に複雑になることがあります。例えば、被相続人が離婚経験があり、前妻との間に子供がいた場合や養子がいる場合など、被相続人の家庭環境によって変わってきます。また、相続人であるにも関わらず、被相続人が相続をさせたくないと遺言を残していた場合は相続廃除となります。更に、いざ相続が発生したら、相続人だという人物が現れる可能性もあります。誰に相続の権利があるのか、事前に調べておく事も大事です。

相続の一般的な遺産分割方法

○遺言による分割 
○協議による分割 
○調停による分割 
○審判による分割 
 一般的には遺産分割協議が一番多く行われる方法で、相続人全員の合意で分割する手続き方法です。 

未然に防げるトラブル

遺言を用意することでトラブルを未然に防ぐ

相続で争う事ほど、被相続人にとって不幸な事はありません。しかし、遺産が原因で不仲になる事は多々あります。そこで無用な争いを避けるためにも、被相続人が遺産相続の意思表示として遺言書を事前に作成しておく。相続人の範囲や法定相続分というのは定められているものの、何より優先されるのが遺言書です。被相続人にとっては、自分の意思が表明できる唯一の手段で、相続人間の無用な争いを防ぐ為に非常に効果的ですので、事前に用意をしておく事をおすすめします。

親族間でのコミュニケーションの重要性

相続発生時に遺産分割協議を行うとしても、お互いが他人行儀になり、円滑に進めることはできません。生前から親族間でコミュニケーションをとっておくことで、相続が発生してもお互いの事情を理解していて、円滑に遺産分割協議を行うことができます。相続人間で連絡をとりあうことは重要ですので、普段より心がけて下さい。

トラブルが発生したら速やかに専門家に相談

相続の件でトラブルが発生した場合は、裁判等で決着する可能性が高くなり、不必要な時間と費用が発生してしまいます。速やかに弁護士等に相談をして、裁判を避けるようにしましょう。また、相続について事前に相談をしておく事も大事です。 

法定相続分割合

☆相続人が配偶者と直系卑属(子、孫)のとき 
  配偶者  2分の1
  直系卑属 2分の1

☆相続人が配偶者と直系尊属(父母、祖父母)のとき 
  配偶者  3分の2
  直系卑属 3分の1
    
☆相続人が配偶者と兄弟姉妹のとき 
  配偶者  4分の3
  兄弟姉妹 4分の1
     
※子が複数 各自の取り分均等(直系尊属、兄弟姉妹も同じ)
※非摘出子 摘出子の2分の1

※トラブルや悩みを抱えている方? 
まずは、当社までご相談下さい。経験豊かな当社スタッフがお話しを聞かせて頂き、解決のアドバイス、提案をさせて頂きます。

ページトップへ戻る