資産・財産・預金調査・不動産調査のご相談内容

債権回収時の調査

債権回収の際には、債務者に支払いを促す(催促)と同時に、資産(財産)状況をしっかり調査をしておくことが大切です。特に債務者から分割返済されてきている場合は、滞納が始まってから、慌てて債務者の資産(財産)調査し仮差押等の裁判手続きを行うのでは、他の債権者が既に差し押えをしている場合もあるので、後手に回ってしまうことがよくあるからです。滞納が始まったら的確に債務者の状況を把握し、迅速に対応をすることがとても大切です。また、債権者と債務者の関係であったとしても、返済が予定通り実行されている比較的関係の良い時に債務者の情報収集をしておくことも大切です。資産(財産)調査は主に債務者が所有している土地や建物といった不動産、預貯金等が対象になります。債権回収は債務者が持っている資産(財産)の結果を基に、すぐに仮差押、支払督促等、強く出たほうがいいのか、あるいは相手方とゆっくり話し合いながら交渉を進めていくのかなど、方向性を見極めながら進めていくことが回収率を高めることが出来る重要なポイントです。

売掛金回収時の調査

売掛金回収の際には、債務者に支払いを促す(催促)と同時に、債務者の資産(財産)、仕事の状況をしっかり調査をしておくことが大切です。特に債務者から分割返済されてきている場合は、滞納が始まってから、慌てて債務者の資産(財産)調査し仮差押等の裁判手続きを行うのでは、他の債権者が既に差し押えをしている場合もあるので、後手に回ってしまうことがよくあるからです。滞納が始まったら的確に債務者の状況を把握し、迅速に対応をすることがとても大切です。また、債権者と債務者の関係であったとしても、返済が予定通り実行されている比較的関係の良い時に、会社の代表者、取締役、連帯保証人、取引先、現在の仕事の状況等の情報収集をしておくことが大切です。売掛金回収の資産(財産)調査は主に債務者が所有している土地や建物といった不動産、預貯金、売掛金、等が対象になります。売掛金回収は債務者が持っている資産(財産)、仕事の状況の調査結果を基に、すぐに仮差押、支払督促等、強く出たほうがいいのか、代表者個人の連帯保証の交渉をするのか、あるいは相手方とゆっくり話し合いながら交渉を進めていくのかなど、方向性を見極めながら進めていくことが回収率を高めることが出来る重要なポイントです。

個人間の金銭問題の調査

昨今は友人、知人、兄弟、親族、会社の同僚・上司、取引先の人、インターネットで知り合って実際に会ったことも無い人、等さまざまな人間関係の間で金銭トラブルが多発しています。借用書もないまま、信用して安易に貸してしまったり、泣きつかれて断りきれないでつい貸してしまったというのが実情です。事前に連帯保証人を立ててもらうとか、相手の家族や仕事等の詳細な素性を聞き出したくても、返済の約束日までは行動を起こすことが出来ないまま結局は返してもらえないで困っている方が大半ではないでしょうか?
個人間の金銭問題では、相手が他の人からも借りてたり、消費者金融からも大金の借り入れをしているケースがよくあるので、事前の対策が大切です。特に相手から分割返済されてきている場合は、滞納が始まってから、慌てて相手の資産(財産)調査をし、仮差押等の裁判手続きを行うのでは、他の債権者が既に差し押えをしている場合もあるので、後手に回ってしまうことがよくあるからです。個人間の金銭問題は、事前に相手の資産(財産)調査と情報収集(家族、勤務先)を行い、相手が持っている資産(財産)、仕事の状況の調査結果を基に、すぐに仮差押、支払督促等、強く出たほうがいいのか、連帯保証の交渉をするのか、あるいは相手方とゆっくり話し合いながら交渉を進めて回収していくのかなど、方向性を見極めながら進めていくことが問題を解決するための重要なポイントです。問題が発生しましたら、お一人で悩む前に、まずはお気軽にご相談下さい。調査だけではなく問題解決に向けて最善の方法をご提案させていただきます。

男女間の金銭問題の調査

男女間の資産(財産)調査のご依頼で一番多い目的は、一緒に住んでいた相手にお金を貸したが、いくら催促しても返してもらえないので、裁判等の強行手段をとるための資産(財産)調査です。一緒に住んでいるという相手に対する信頼感と愛情、そして気まずさから催促できずに口約束で小出しに貸していくうちに金額が膨れてしまい、別れる時には貸したお金が大金に膨れ上がってしまったという方が大半です。二人の関係が良い時に、相手の実家、家族、親族、勤務先、個人資産を聞き出しておくことが良いのですが、このような事態を予測して交際する方はいませんので、感情が入り交じっている男女間の金銭問題の解決は大変に困難です。当探偵社では男女間の資産(財産)調査は相手方の資産(財産)調査の他に、問題解決に向けて有効と思われる情報収集もご提案致しております。それは、状況によっては、短期間で解決出来る可能性もあるからです。また、相手の資産(財産)調査が無駄と思える状況場合には、率直に意見を言わせていただきます。お一人で悩む前に、まずはお気軽にご相談下さい。調査だけではなく問題解決に向けて最善の方法をご提案させていただきます。

離婚時の調査

離婚を少しでも考えるようになったら、離婚が決定するまえに、相手の資産(財産)調査を始めることが大切です。離婚時の協議問題として財産分与があります。相手に財産分与を請求するためには、現在相手にどれくらいの財産があるのかを把握しておく必要があります。なかには、相手にお金や財産の管理を任せきりで、預貯金等の財産が全くわからない方がいます。特に男性に多く見受けられます。また、預貯金等の財産を把握していたとしても、内緒で他に預貯金を隠したりしている場合もあります。後のトラブルや確執の原因になってしまいますので、離婚前に、財産を明確にし、きちんと精算をしておくことが、とても大切です。

<財産分与について>
財産分与とは、婚姻中にお互いが築いた財産(夫婦共同財産)を清算し、分けることです。たとえ名義は一方の配偶者となっていても他方の協力があってのことであり、潜在的に夫婦共有財産と考えられます。相手が仕事をしている場合、していない場合も同様です。離婚原因がある側からも請求できます。一般的に夫婦は共同生活をしている間、協力して一定の財産を形成しますが、多くの場合、夫名義の財産とされます。しかし、夫名義の財産とされるものでも、その実質が妻の協力によって築き上げたられたものについては、離婚の際に、貢献の割合に応じて清算されるのが普通です。また、財産分与は双方の一切の事情を考慮しますので、婚姻以前から所有している財産、あるいは相続により取得した財産であっても、財産分与をする上で夫の所有する財産は、支払能力ということで影響を与えることもあります。なお、一般的に財産分与の支払いは、慰謝料と合算する場合が多いのが現状です。
民法768条
協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
2 前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。但し、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。
3 前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によつて得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。
民法762条
夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産とする。
2 夫婦のいずれに属するか明かでない財産は、その共有に属するものと推定する。

<離婚と税金について>
離婚をする際の、慰謝料、養育費、財産分与のいずれの場合にも、金銭の給付については原則として当事者双方に税金はかかりません。しかし、分与された財産が一般常識から見て過大な財産分与であると認められる部分については贈与税が課せられることがあります。不動産等の資産による財産分与については譲渡所得課税の対象になりますので、譲渡した人に課税されます。譲渡する側は、代金の授受もないのに、税金がかかることを納得出来ないと思ってしまいますが、「財産分与として不動産等の資産を譲渡した場合、分与者は、これによって分与義務の消滅という経済的利益を享受したものというべきである。」旨判示(最判三小昭50.5.27民集29巻5号641頁)し、譲渡所得課税の対象となるとしています。実情としては、財産分与に伴う、納税資金が用意出来ないことが離婚成立の障害となっているケースも多いようです

遺産・相続財産の調査

当探偵社が行う遺産(相続財産)調査とは、相続に該当する遺産目録、債権の情報収集、相続に該当する行方のわからなくなった債務者探しを行う行方調査等です。亡くなった被相続人が残した遺品の中から、すべての遺産目録や債権の情報が把握出来れば良いのですが、特に遺言が残されていない場合や、生前に聞かさされていなかった場合には、相続手続きを進めることが出来ません。相続問題の長期化は携わる人達の人間関係も悪化させてしまうことに繋がるため、全く意味を持ちません。問題点や不明点は迅速に対処することが大切です。
当探偵社は、長年の経験と独自のルートを駆使し迅速に相続(遺産)問題に対応致します。依頼者様が相続問題を有利に解決出来るように全力で取り組ませていただきますので、まずは、お気軽にご相談下さい。

<主な相談内容>
・相続に関する遺産(相続財産)調査
・相続に関する債権問題(債務者の情報収集等)
・相続に該当する債務者の行方調査

仮差押時の調査

裁判所に対して仮差押の申し立てをするためには、何を仮差押するのか債務者の預金口座、不動産、勤務先(債務者の給料)、取引先(売掛金))等の財産目録を債権者が調べなければなりません。債務者に調べていることを知られてしまうと、財産を隠したり、名義を変更したりして対抗してきますので、相手には一切、知られないように内密に調査を進めることが大切です。当探偵社は長年の経験を生かし、債務者の状況をお聞きした上で、迅速に内密で調査を実施致します。また、財産が無いと思われる債務者の場合には、率直に意見をさせていただきます。まずは、お気軽にご相談下さい。問題解決に向けて最善の方法をご提案させていただきます。

資産・財産・預金調査についてのお問合せ・ご相談はこちら

資産財産調査、預金調査、金銭問題等について、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

  • 現在わかっている情報だけで、資産調査は可能か?
  • 資産調査を行う必要性があるかどうか?
  • 他の探偵社興信所に依頼をしたけど判明できなかったが、今後どうすれば良いのか?

このようなお悩み相談でも結構です。
是非、お気軽に当探偵社をご利用下さい。 

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

ご相談項目 (必須)

ご相談・お問い合わせ内容

ページトップへ戻る