ストーカー被害対策

Anxietyストーカー被害対策専門部
ストーカー被害を解決するには早期対策が重要です。
ご家族や彼女(彼氏)のストーカー被害を軽視し絶対に見過ごさないで下さい。
被害が拡大する前に、まずは当社にお気軽にご相談下さい。

ストーカー被害を解決する方法(手段)について

ストーカー被害は相手を「無視」をする、電話・メール等の着信を拒否することだけでは解決出来ません。かえってエスカレートする場合が多々あります。最終的に警察に介入してもらうことが最も確実な方法です。しかし、証拠不十分で警察が動いてくれないこともありますので、
逮捕につながる証拠をしっかりと残しておくことが必要になります。

1、 脅迫に相当するような被害を受けたら警察に相談する。
2、 後ろをついてくる様子を写真やビデオで撮影をする。
3、 嫌がらせ電話等の録音やメールを保存しておく。

ストーカー規制法とは

平成12年5月18日、第147回通常国会において「ストーカー行為等の規制等に関する法律(ストーカー規制法)」として成立し、11月24日から施行された法律です。この法律はストーカー行為等を処罰するなど必要な規制と、被害者に対する援助等を定めております。なお、平成25年7月23日、一部法改正(電子メールを送信する行為の規制)が施行され、同年10月3日からは警告等を行うことが出来る警察本部長等が拡大されます。

この法律による規制の対象となるのは

「ストーカー行為」とは
同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定して、罰則を設けています。但し「つきまとい等」の1~8までの行為にあっては、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われた場合に限ります。

1、 つきまとい・待ち伏せ・押し掛け
2、 行動を監視してることを告げること
3、 面会・交際の要求
4、 乱暴な言動
5、 無言電話、連続した電話、ファクシミリ、電子メール
6、 汚物、動物に死体などの送付
7、 名誉を傷つけることを告げること
8、 性的羞恥心を侵害するような行為

当探偵事務所が行うストーカー対策について

He received a notice of dismissal.1、防犯対策をアドバイス致します。
当探偵事務所の防犯セキュリティーの専門家が、鍵、カーテン、盗聴盗撮等の防犯対策についてアドバイスをし、必要であれば対策を講じます。

2、被害を立証するための証拠収集、情報収集を実施致します。
ストーカー被害を解決するには、最終的には警察の関与が必要となります。そのためには、警察に被害状況を立証出来る証拠が必要となります。当探偵事務所では所属の警察OBの指導の元、有効な証拠収集を迅速に行います。

3、周囲への協力要請に同行致します。
ストーカー被害を解決するには、家族、職場の上司や同僚、近隣の方に事情を説明し協力要請をしておくことも必要です。当探偵事務所は、ストーカー被害対策の専門家として事の重大性を依頼者様と共に説明し、協力要請を行います。

4、ストーカー犯の身元や素性を徹底して調査を実施致します。
ある程度ストーカー犯を特定出来ている場合、もしくは特定が出来た場合、相手の身元や素性の情報収集をしておくことは解決に向けて重要なことです。当探偵事務所では、あらゆる調査手法を駆使し、相手のことを徹底して調査を致します。

5、警察や弁護士等と連携をとり問題解決に向けて全力でサポート致します。
  ストーカー被害を最終的に解決するには、警察の関与が必要となります。  
  そして、被害届提出や告訴等の法的対応も必要となります。当探偵事務所
  では、これまでの経験を生かし、このような手続が速やかに行えるように
  サポート致します。

料金について

料金は依頼内容や依頼者様がお持ちになっている情報量・質によって変わりますので、詳細についてはお問合せ下さるようお願い致します。

料金:30,000円〜

ページトップへ戻る